大阪・心斎橋 ロックバー    

大阪ロックバー・ギターラ(心斎橋)

> HOME

ヤングギター/ロッキンf 1983年

YG83-1

1983年 1月号

ロクf未購入

ゲイリームーアがついにブレイク~旧譜が次々に再発される。6連の速弾きをみんなやり始める。

MSG「黙示録」奏法解説。本城未沙子デビューライヴレポート~ギターは湯浅晋。Rainbowの前座を務めた子供ばんど・うじきつよしの同行レポート。ジョン・サイクスがTHIN LIZZYに加入との報。

ANVIL2nd「METAL ON METAL」、Char「MOON CHILD」、ホワイトスネイク復活アルバム「セインツ・アンド・シナーズ」リリース!


YG83-2

1983年 2月号

ロクf83-2

エディ・ヴァンヘイレンのロングインタビュー。I.メイデン来日レポート。ジョーン・ジェット来日レポート。ZEP「CODA」特集。ホワイトスネイクを脱退したバーニーマースデンがヤマハのクリニックで来日。小林克己と対談。

OZZY「悪魔の囁き」、LOUDNESS「魔界典章」リリース。サバスからロニーとヴィニーが脱退~DIO結成との報。OZZYからルディサーゾが脱退~ピートウェイを結成したピートウェイが何故かOZZYに加入との報(噂?)。ルディはクワイエットライオット再結成へ。

ロクfではCharの特集も。


YG83-3

1983年 3月号

ロクf83-3

MSG来日レポート。関西メタルなぐり込みギグレポートなど。YGはアマチュア・メタルバンド紹介特集。シェイカー、マリノ、マグナム、アクション、X-RAY、鈴木健司、十二単、I.ゲイト、アンセムなどが紹介された。LOUDNESS「魔界典章」奏法解説。

B.サバス「LIVE EVIL」リリース。これは、先月発売された全曲サバスのナンバーによるOZZY「悪魔の囁き」と比較され、話題になった。ジャーニー「フロンティアーズ」リリース。ナイトレンジャー「緊急指令NR」リリース。I.メイデンからクライヴ・バーが脱退。THIN LIZZY「サンダー・アンド・ライトニング」、COZY POWELL「オクトパス」、松原正樹「SNIPER」リリース!N.ショーン&ヤン・ハマー2ndリリース。


YG83-4

1983年 4月号

ロクf83-4

MSG機材レポ。N.ショーン奏法解説。

ロクfでは白蛇来日レポ。またOILの紹介記事。STYX「ミスター・ロボット」リリース。UFO「メイキング・コンタクト」リリース&来日決定。(ただし東京1公演のみ)

イケベ渋谷に出店。
E.ボードのRETONICからプログラマーが発売されていた。GibsonLP59Vintage発売(定価¥590,000)。Marshallは、JCM-800シリーズを発売。市場にも浸透し始めてきた。


YG83-5

1983年 5月号

ロクf未購入

ジャーニー来日レポート(この頃は年に2回ぐらい来日してた)。話題のナイトレンジャーからブラッドギルスのインタビュー。

FRTもファインチューナーが搭載され、巷はFRTブーム絶頂!フェルナンデスからはFRT付き22F仕様ハムバッカーのオリジナルストラトが発売されたりした。また、ケーラートレモロもこの頃から流通し始めた。いよいよメタルギターブームの到来か!って感じです。

OZZYにジェイク・ウイリアムスが正式ギタリストとして加入との報。ジェイク・E・リーですね。アースシェイカーが伊藤政則プロデュースにより1stレコーディングを終了したとの報。

THIN LIZZY「サンダー・アンド・ライトニング」の評判が凄くて、これで本当に解散するのか?という惜しむ声が沸きあがっていた。また、デフ・レパードが「炎のターゲット」をリリース!このアルバムでAC/DC並みのセールスを記録!


YG83-6

1983年 6月号

ロクf83-6

YGでは注目アーティストのLIVEレポートでNOIZが取り上げられた。大谷レイヴンさんも注目アーティストに取り上げられ、X-RAYも1stレコーディング終了との報。
ロクfではルカサーの機材詳細レポート。また「日本ハード図鑑」で、初めて全国のインディーズメタルバンドが詳細にピックアップ紹介された。各バンド、メンバー共に世に出る前の前身バンドだったり別のバンドだったり・・。ニューグループ紹介ではLIERの姿も。RANDY RHOADSの人気が盛り上がりのピークに差し掛かると同時に、ブラッドギルス、ジェフワトソン、ヴァンデンバーグ、ヴィヴィアンキャンベル、ジョンサイクスなどのニュー・ギターヒーローも徐々に表舞台に。

DIOが1st「HOLY DIVER」リリース。


YG83-7

1983年 7月号

ロクf83-7

THIN LIZZY来日レポート。ランディローズ特集。EVHがM.ジャクソンのBEAT ITにギターで参加したのが話題に。

アースシェイカー遂にデビュー。YGではインタビューも。イアンギランがB.サバスに加入との報。浜田麻里人気急上昇。プレゼンス、白田さんが加入でツインGに。RAJASは白田さんの代わりにコーイチさんが加入との報。

フェルナンデスから水玉ランディVが発売。

I.メイデン「頭脳改革」、ポリス「シンクロニシティー」、ファストウェイ「FASTWAY」でデビュー。X-RAY「魔天」リリース。


YG83-8

1983年 8月号

ロクf83-8

USフェスティバルのレポート。J.サイクスインタビュー。BOW WOWマーキーライヴレポート。
ニュー・ギターヒローとして、フィル・コリン、J.サイクス、ブラッドギルス&ジェフワトソン、A.ヴァンデンバーグがピックアップ紹介された。高崎晃のギターコレクション紹介。後の100%本でも紹介されていないギターが見受けられた。また、 P.リベラの連載コラムでMarshall改造法が紹介された。

ロクfではニューグループとしてハリースキュアリーが紹介された。

アクセプト「レストレス・アンド・ワイルド」リリース。ついにTOKAIからTALBOがリリース。


YG83-9

1983年 9月号

ロクf83-9

LOUDNESS初渡米直前インタビュー。湯浅晋ロングインタビュー。P.リベラによるルカサーのレコーディング時マイキングレビュー。ロクfではM.シェンカーのロングインタビューに、R.J.ディオのインタビュー。アースシェイカーツアー密着取材。ロクf第7回バンドコンテストにSNIPER入選。

マグナムが1stレコーディング終了との報。G.ボネットがアルカトラス結成~レコーディング中との報。OILが解散との報。

ROCKMANから遂にヘッドホンアンプが登場!

クワイエットライオット「メタルヘルス」リリース!G.ムーア「ダーティフィンガーズ」再発。


YG83-10

1983年 10月号

ロクf83-10

LOUDNESS渡米レポート。元STEELERとしてイングヴェイが顔を出すなど、LAのギタリストやバンドとの交流も。MSG「限りなき戦い」徹底分析。

ロクfではシェイカー、マグナム、麻里ちゃんが出演したヘヴィメタルレボリューションのレポート。ツインギターバンド特集でアクション、VEIL、RAJAS、J.フルーツ、ムルバス、サブラなどが紹介された。京都ZODIACが注目バンドとして紹介された。

AC/DC「征服者」、Y&T「ミッドナイト・イン・トーキョー」、MSG「限りなき戦い」リリース。


YG83-11

1983年 11月号

ロクf83-11

YGではACTIONのギターコレクション。ロクfではモンスターズオブロック(DIOやW.スネイクが出演)やレディングフェスティバル(THIN LIZZYやブラックサバスが出演)のレポート。

Marshallから初の小型アンプ、LEAD12が発売!

BOW WOWから斉藤光浩が脱退との報。MAKE UPがデビューとの報。サブラベルズがインディーズで初めてLPをリリース。Rainbow「BENT OUT OF SHAPE」&AC/DC「征服者」奏法解析、ブラックサバス「悪魔の落とし子」ヨーロッパ1stなどがリリース。ロビン・マコーリーのバンド、グランプリが日本デビュー。アースシェイカー「ブロンディーガール」リリース。


YG83-12

1983年 12月号

ロクf83-12

LOUDNESS凱旋帰国ライヴレポート。このときのライヴが「LIVE LOUD ALIVE」になった。また、ジャパメタ史に残るイベント「JUMPING ROCK IN OSAKA」が大阪城野外音楽堂で開催~ZZZ、魔女卵、セクシャル、ハリースキュアリー、プレゼンス、ラジャス、マリノ、44マグナムらが一同に。
東京X-RAYがブリザードに改名
して来春デビューとの報。

アルフィー「メリーアン」が大ヒット。YGにはスコア掲載。また松原正樹のギターコレクション掲載。メサ・ブギーの代理店がモリダイラ楽器に。ロクfではシェイカーの工藤さんの自前のバン&ドラムセット紹介。「アルカトラスというNEWバンドのギタリストはポスト・ランディの最右翼」ということでクローズアップされる。そしてスティーラーの輸入盤が超・話題になる。ナイトレンジャー2nd、THIN LIZZY「ラストライヴ」リリース。


ABOUT MENU FaceBook Twitter Lesson ACHIVES ACCESS BLOG MAIL

All Contents Copyright (C)2014 RockBar Guitar-ra / all rights reserved